いつも楽しく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ボランティア

就活GATEのみんなとやったボランティアについて。

知的障害者施設の文化祭の手伝いしました。

まず、最初に。

1回くらいやっただけじゃ意味ないのは分かってます。これからも続けるつもりです。

ただ

1回でも考え方は変化する!

今までは障害は病気のようなものだと思っていた。
人間にマイナスしかもたらさないもの。
けどそうではない。
障害は個性である。

一概にこういえないのは分かっています。

けど今までは障害者の方を「かわいそう」という目で見ていた

しかし今は違う

これは大きな進歩なのではないか


当然問題はある

まずボランティアした施設は市営の会社のような感じなんだが

給料は普通の1/3

ということは完全に自立して自分の力で暮らすのは難しい

これだけはまだ解決法はわからない


あと差別はある

施設を作る際近隣から反対もあったようだ

現在は自治体との交流も多く、以前より改善されたようだが

実際ボランティアやる前は自分自身も差別的感情を持っていたと思う

かわいそうという感情は

自分の差別的感情を偽善的に言い表した言葉ではなかろうか

この感情は分かる人もおおいのでは?

また自分とは違うとも思っていたし、障害者は危ないんではと言う感情もあった

けどそもそもこの感情はおかしい


漫画「ブラックジャックによろしく」にでてたデータから

精神病患者、知的障害者が凶悪事件を起こすと過大に報道される
そして原因は疾患、障害のせいだとされる
そしてあたかも
そのような人が凶悪事件を起こしやすいような報道をする
けど実際は
そのような人が凶悪事件を起こす可能性は
世間一般に言う一般人が起こす可能性より低い


実際にボランティアしてみても思った

自分たちと彼らの違いは何なのか?

ないといえるのでは

探すのが難しい

そして見つかったとしても

その差は他のいわゆる一般人との差とどうちがうのか

わからない

そういうものなのでは



当然

これはいわゆる一般人に対する人間関係にも

応用出来るはずだ


ある人が嫌いだ
じゃなくて
それが「個性だ」と思えるように
なれればいいんだな

道は長い

けど

自分がかわりつつあるのは実感している




心理やっている人、ボランティアに参加している人にとっては
浅はかな考えに見えるかもしれません。
なんで批判、補足あったらしてください!










スポンサーサイト
【2006/10/04 23:54】 | GATE | トラックバック(0) | コメント(3)
<<いわゆる | ホーム | ひとまず>>

コメント

自主イベント、、事前に報告してね。。。

ヤスが浅はかだとは決して思いませんが、この考え方も人それぞれ。
同じ人でも状況が変わったら、また違う面が見えてくるものなんだろうね。

ヤスの言うとおり、対人ってとても本音と建前が出てしまうところ。
本音を言わないこと自体は、悪いことだと一概に言えませんが、
自分の本音を自分で分かってる人でいたいと思うところ。


でも、、、。自主イベントは事前に教えてね。。
【2006/10/12 00:24】 URL | sachi #-[ 編集]
すいません。
最初ブログにアップって決めてたんでそれでいいかなと。
まあ勝手に判断してしまいました。
【2006/10/12 17:46】 URL | スコールズ #-[ 編集]
細胞検査士とは、正常な細胞の中から「がん細胞」を探し出す、高度な技術と責任感を持つ医療技術者のこと http://welcome.stepuptechnologies.com/
【2008/11/05 21:34】 URL | #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

スコールズ

Author:スコールズ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。